Category

東大生も実践している早寝早起き法を伝授!勉強効率UP!

東大生も実践している早寝早起き法を伝授!勉強効率UP!

「早寝早起きって、受験生にとってそんなに大切?なんで?」

「早寝早起きって、なかなか難しくない?」

あなたは、こんなことを思ったことはありませんか?

この記事を読めば、受験勉強において早寝早起きを実践する方法がわかります!

 

そもそも早寝早起きはなぜ大切なのか?

早寝早起きのメリットとは?

どのように早寝早起きの生活リズムを確立していけばいいのか?

 

徹底的に解説しています!

早寝早起きの生活リズムを身につけることで、学習効率が一気にアップし志望校合格により一歩近づきます!

この記事が少しでも皆さんの志望校合格の助けになれば幸いです。

成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

そもそも早寝早起きはなぜ大切なのか?

「受験生は早寝早起きを心がけよう!」などといった言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか?

でも、そうは言われても「本当に早寝早起きをしてメリットが有るのか?遅寝遅起きでも勉強時間が同じならいいんじゃ?」

そうお考えの方も多いと思います。

しかしながら、実際には早寝早起きすることは以下の3つの理由から、極めて大切なのです。

ひとつずつ見ていきましょう。

早起きすれば朝ごはんを食べる時間を確保できる

早寝早起きをすることによって得られるメリットの1つ目が、朝ごはんです。

パンやご飯などの炭水化物を含んだ朝食を食べると、脳の唯一の栄養分であるブドウ糖が脳まで届き、脳が活性化します。

実際、朝ごはんを食べない生徒は成績が芳しくないという相関を指摘する研究も存在しているくらいですので、ぜひ早起きして朝ごはんを食べるようにしましょう。

人間の体は早寝早起き型にできている

本来人間の体は、朝太陽の光を浴びることで活動状態になり、そこから一定の時間がたつと眠くなる、というようにプログラムされています。

そのため、夜更かししてお昼まで寝ている生活よりは、早寝早起きな生活のほうが、生物学的にも理にかなっているわけです。

受験本番は、殆どの場合朝早くから行われる

受験生にとっては、これが最大のメリットかもしれませんね。

受験本番は、殆どの場合朝早く(9時など)からスタートすることが多いです。

このときに、早寝早起き型の生活リズムを確立しておけば、本番でもいつもどおりのパフォーマンスを発揮することができますね。

逆に言うと、遅寝遅起きの人にとって、受験本番というのは、「朝早すぎる」戦いなのです。

このように、早寝早起きをすることには極めて大きなメリットがあるのです。

以下では、具体的にどのようにしてそのようなリズムを確立すればいいのか見ていきましょう。

志望校合格を目指すなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します)

早寝早起き型リズムの確立法

さて、いざ実際に早寝早起きをするぞ!と思っても、どうすれば生活リズムを変えていけるのか、悩む方も多いのではないでしょうか。以下では、よく出てくる疑問をいくつかピックアップしてみます。

早寝が先か?早起きが先か?

「無理やり早寝すれば、早く起きれるようになる」

「無理やり早起きすれば、早く寝れるようになる」

どちらも正解のような気がしますね。

実際、どちらの方法でもいいのですが(個人差もありますし)、筆者のオススメは、「無理やり早寝すれば、早く起きられるようになる」です。

人間、早寝よりも早起きのほうが大きな苦痛が伴うもの。それであれば、まずは苦痛が小さい方を無理やり実践して、大きな苦痛を伴う方は自然にできるようになったほうが、効率がいいですよね。

ですから、「早起きよりも早寝のほうが辛い」という方は、「無理やり早起きすれば、早く寝れるようになる」の方を実践してみてくださいね。

いきなり生活リズム、変えられないのですが…

早寝早起きを実践しようとして多くの人が挫折する理由がここにあります。

いきなり今までよりも生活リズムを2時間前倒しても、実際には体がそれに対応できずに、変な時間に眠くなったり、体調を崩したりしてしまうというわけです。

急激な変化には弱い一方で、実は人間の体はゆっくりとした変化であれば比較的高い順能力を有しています。

(いきなり44度の温泉に入るのはかなり熱いですが、40度のお湯を徐々に温度を上げても我慢できるのと同じです)

ですので、毎日15分ずつ生活リズムを前倒すなど、ゆっくりとした変化で早寝早起きに移行していくようにしましょう。

早寝ができません…

夜更かしの癖が付いてしまっている人は、早寝を実践しようとしても、目が冴えてしまってできないという方もいるようです。

そのようなときには、以下のことを実践すると眠りにつきやすくなります。

・就寝前1時間程度はスマホやPCTVをみない

・寝る前のカフェイン摂取を控える(実は緑茶にもかなりのカフェインが含まれています)

・日中に適度な運動をしておく

早起きができません…

いつもより2時間早く寝ても、起床時間は早くすることができないという方もいるようです。

そのようなときには、以下のことを実践すると目覚めやすくなります。

・カーテンを開けて眠り、外の明るさを感じられるようにする

・アラームの音をいつもと変えてみる

・目覚めてすぐに体を伸ばしたり、ラジオ体操をしたりして、無理やり体を起こす

受験に勝つには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

まとめ

いかがでしたか?今回は、受験期の早寝早起きの大切さとその実践法を紹介しました!

受験期は、学習内容そのものばかりに気を取られ、生活リズムなどは軽視されてしまう傾向にあります。しかし実際には、生活リズムも受験勉強の一部と言って差し支えのないレベルに重要なんですよ。

みなさんがうまく生活リズムをコントロールして第一志望合格にぐっと近づけるように祈っています。

成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

関連記事

Category

Keywords