Category

NextStage(ネクステ)の使い方・勉強法を解説!英文法の基礎はこれで完璧!

NextStage(ネクステ)の使い方・勉強法を解説!英文法の基礎はこれで完璧!

「NextStageって聞いたことあるけど、どんな本?」

「英文法の勉強をしたいけど、おすすめの本は?」

あなたは、こんなことを思ったことはありませんか?

この記事を読めば、NextStageについて完璧にわかります!

NextStageの特徴から難易度のレベル、誰がこの本をやればいいか、

NextStageの効果的な使い方やこの本を完璧にした後に到達出来るレベル、

さらには NextStageを完璧にした後に使うべき参考書まで

徹底的に解説しています!

効果的な勉強をすることで英語の成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

英語の成績を効率良く上げるには武田塾!▶▶

(武田塾の説明ページへ移動します。)

NextStage(ネクステ)の特徴は?どんな人が使えばいいの?

さて、本題のNextStage(以降ネクステ)について説明していきます。

ネクステとは、桐原書店の書籍です。

英語の文法について、基礎~標準の事柄から一部応用的な事柄まで、幅広くカバーしたボリュームのある一冊です。

英文法と一口に言っても、単なる文法問題に限らず、会話表現やイディオムまで、幅広く扱っています。

センターでしか英語を使用しない人から、東大など上位国公立2次入試で英語を使うが、まだ英文法の学習に本格的に取り組んでいないという人まで、幅広く活用できる一冊です。

構成としては、見開きの左側に4択式を中心とした文法問題が10問ほど、そしてその解答解説が見開きの右側に収録されているという形です。

難易度のレベルとしては、センター試験で英語を利用する学生~MARCHや中堅国公立志望の学生はこの一冊で英文法の対策はOK、そして早慶や難関国公立志望の学生も英文法の学習を始めるための1冊目としてはもってこい、といった感じです。

あらゆる学生にとって取り組む価値がある英文法問題集。それがネクステなのです。

オススメの使用時期としては、センター試験で英語を利用する学生~MARCHや中堅国公立志望の学生は夏休み前を中心に通年、早慶や難関国公立志望の学生は~4月、5月頃です。

英語の成績を上げるなら武田塾!▶▶

(説明ページへ移動します)

NextStage(ネクステ)の効果的な使い方・勉強法は?

ネクステを効果的に使うポイント、それは「英文法は暗記であると割り切ってしまう」ことです。

もちろん若干語弊はありますので、詳しく説明していきます。

受験において、英文法の問題というのはしばしば出題されますが、基本的にそれらの多くが「頻出出題事項」からの出題となっています。

つまり、完全にランダムに英語という枠組み全体から文法を問う問題が出されるというよりは、ある程度お決まりの問題が多く出題されるのです。

ですから、最初のうちは若干の抵抗はあるかもしれませんが、英単語などと同じように、(少なくともネクステに収録されている問題はどれも頻出ですので)文法事項を片っ端から丸暗記してしまうことが高得点への近道だったりします。

もちろん、英文法にも「理解」は大切です。

その最たるものが、前置詞の持つニュアンスの理解でしょう。前置詞の理解をしっかりとしておけば、イディオムの学習などはかなりスムーズに進むようになりますよね。

こういったケースでは、もちろん理解することは重要です。しかしながら、実際に求められるのは、その理解内容をしっかりと暗記して忘れずにいることです。

ですから、「もちろん理解をして進んでいくという姿勢は捨ててはならないが、それらの理解をしっかりと暗記することが何よりも大切」という言い方が適切かもしれませんね。

ネクステを進めていく際には、そのことを念頭に置いて、本の内容を最終的には完全理解、完全暗記している状態を目指していきましょう。

NextStage(ネクステ)を正しい勉強法・使い方で完璧にしたあとの到達レベル

ネクステの内容をしっかり理解、そして暗記した状態であれば、英文法の基礎~標準は完璧と言えます。

センター試験やMARCH、中堅国公立大で出題されるような英文法の知識はほぼカバーできていると言っても過言ではないでしょう。

NextStage(ネクステ)を正しい使い方・勉強法で完璧にしたあとにやるべき本は?

繰り返しになりますが、センター試験、MARCH、中堅国公立志望の学生は、英文法はネクステを完璧にしておけば怖いものなしです。

ただし、知識というのは放置しておくと必ず忘れていってしまいますので、一度完璧にしたからと言って気を抜かず、その後もメンテナンスとして2周目、3周目に取り組むようにしてください。

1周目はかなり時間がかかるとは思いますが、2周目以降は(本当に完璧にできているのであれば)かなりスムーズに進むはずです。

早慶や難関国公立志望の学生については、ネクステだけでは少し知識が心もとない部分もありますので、もう一冊英文法の参考書に取り組むことをおすすめします。

おすすめの書籍としては、「ファイナル英文法 難関大学編」や「頻出英文法 語法問題1000」などです。

Nextstage(ネクステ)使い方・勉強法まとめ

NextStageは、すべての学生にとって取り組む価値のある標準レベルの英文法問題集

・英文法は理解も重要だが、その本質は理解内容の暗記

・一周して終わりだと知識が抜けるため、何度も反復を

英語の成績を効率良く上げるには武田塾!▶▶

(武田塾の説明ページへ移動します。)

関連記事

Category

Keywords