Category

マーク式基礎問題集古文(河合塾)の使い方を東大生が解説!読解力を上げる方法

マーク式基礎問題集古文(河合塾)の使い方を東大生が解説!読解力を上げる方法

「マーク式基礎問題集 古文って聞いたことあるけど、どんな本?」

「古文は記述式の問題しか受けないけど、マーク式ってやる意味ある?」

あなたは、こんなことを思ったことはありませんか?

この記事を読めば、マーク式基礎問題集 古文について完璧にわかります!

マーク式基礎問題集 古文の特徴から難易度のレベル、そしてなぜこの本が必要か、

マーク式基礎問題集 古文の効果的な使い方やこの本を完璧にした後に到達出来るレベル、

さらには マーク式基礎問題集 古文を完璧にした後に使うべき参考書まで

徹底的に解説しています!

効果的な勉強をすることで古文の成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

国語の成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

マーク式基礎問題集 古文の特徴は?どんな人が使えばいいの?

さて、本題のマーク式基礎問題集 古文(以降、マーク式問題集)について説明していきます。

マーク式問題集とは、河合出版の書籍であり、センター試験のような形式・難易度の古文の文章題が掲載されています。

具体的な構成は、センター試験と同程度の難易度、同程度の長さの文章が載っていて、その後ろにセンター試験と同じような形式・難易度の設問が続く、というものです。

 

ちなみに、普通のセンター試験の過去問に比べて、解説は比較的丁寧に書かれている印象です。

古文単語はしっかり勉強したし、文法も一通り頭に入れたから、そろそろ文章題を解いてみたい…でもいきなりセンターとかの過去問を使って解くのはもったいない気がする…という方にはもってこいの一冊だと思います!

イメージとしては、「センター模試の古文がたくさん載っている本で、古文の文章題入門者にもってこい」といった感じです。

 

上述のとおり、センター試験型の問題が掲載されているので、センターで古文を使う人はセンターの過去問に取り掛かる前の腕試しとして解いてみることをおすすめします。

また、センターよりも2次などの記述式の問題がメインなんだけど…という方にもぜひこの本は使っていただきたいです。

というのも、演習用の古文の文章というのは実は出回っている量があまり多くないためです。古文の文章題って、意外と貴重なんですよ。

ですので、センター型の古文はあまり関係がない…という方もぜひ文章題の練習として、トライしてみましょう。

 

ただしそのときには、選択肢に頼って文脈を掴むのではなく、自分である程度の答えを頭の中で練ってから、それに最も近い選択肢がどれか探す、というステップで解くようにしてください。

こうすることで、記述型の問題の対策にもなります。

 

古文漢文の成績を上げるなら武田塾!

(説明ページへ移動します)

 

マーク式基礎問題集 古文の効果的な使い方は?

さて、この本には2つの効果があります。

1つ目は、「古文の演習量を稼ぐことができる」、そして2つ目は「文章を読むことで、定着していなかった単語や文法事項が洗い出される」です。

まずは1つ目の、「古文の演習量を稼ぐ」ための使い方から見てみましょう。

これは簡単で、なにはともあれ、「まずは解いてみること」です。

文章題ですから、まずは手を付けてみないと始まりません。文章題にあまり触れたことがない方は特に最初は勝手がわからないかもしれませんが、30分ほどかけて1問解いてみましょう!

古文の文章題については、とにかく沢山の文章と問題に触れることで飛躍的に解けるようになります。ですので、演習量を積むことを意識してください。

取り組む頻度としては、2,3日に1問を目安にすると良いかと思います。

次に2つ目の、「定着していなかった単語や文法事項を洗い出す」ための使い方についてです。

問題を解いていると、わからない単語や、イマイチ意味のつかめない部分が出てきたりすると思います。

このときに、該当箇所に必ずチェックを付けながら読み進めるようにして下さい。

問題を解き終えて丸付けをするときに、解説を読むことに加えて、チェックが付いている部分の単語の意味や、現代語訳内容を確認するための目印になるからです。このちょっとの工夫で、学習効率は大幅に向上します。

最後に、この問題集を何周もする必要があるかどうかも触れておきます。

結論から言うと、「1周でOK」です。

というのも、一度読んだ古文の文章の内容って、思っている以上に頭に残ってしまっているので、2周目以降はその記憶を頼りに取り組んでしまうためです。頭の中の記憶をもとに文章題を解いても、あまり効果は期待できないですよね…

ですので、問題を何周も解く必要はありません。

ただし、文章そのものを読み直してみたり、チェックを付けておいた単語の復習などは、効果ありです。

 

マーク式基礎問題集 古文をこなしたあとの到達レベル

マーク式問題集を1周することで、古文の文章題に対しての精神的なハードルはかなり低くなるかと思います。

また、文章題を解くときのカンといった部分も身につくはずです。

センターで古文を使う人は、センター型の古文を解くための実力が、二次試験等で記述式の古文を使う人は、そのために必要な文章読解力が、それぞれ身につきます。

 

マーク式基礎問題集 古文を完璧にしたあとにやるべき本は?

古文については、単語や文法の知識がある程度完成されているのであれば、あとは文章を読みまくるのみです。

マーク式問題集を終えたあとは、古文をセンター(のみ)で使う人と、それ以外の人で、それぞれ以下の本をこなすと良いと思います。

センター(のみ)の人:センター試験の過去問

それ以外の人:入試精選問題集・得点奪取古文等

 

マーク式基礎問題集古文まとめ

・マーク式基礎問題集 古文は、センター型の文章題を多数収録

・古文は、単語や文法を固めたらとにかく文章を読むこと

・読んでいてわからない単語や文にはチェック

 

国語の成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

関連記事

Category

Keywords