Category

名古屋大学医学部に合格するための参考書おすすめ一覧

名古屋大学医学部に合格するための参考書おすすめ一覧

「名古屋大学の医学部に合格したいけど、どんな参考書を使えば良いのかわからない…」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、名古屋大学の医学部を受験するにあたっおすすめの参考書を紹介していきます!

この記事を読んで適切な参考書を選び、勉強の方針を立ててもくもくと勉強すれば、憧れの名古屋大学医学部の合格を手にできるでしょう。

➡️名古屋大学の医学部に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

名古屋大学医学部対策おすすめの参考書:英語編

名古屋大学の英語では、長文読解3(うち1題は会話文)、英作文が1題出題されます。

そのため、

・長文読解(内容説明、英文和訳が特に重要)

・英作文

の勉強が普段から必要です。

まず、長文読解についてですが、

『英語長文問題精講』をおすすめします。

少しお堅い文章が中心の参考書なのですが、普段からそういう文章に慣れておくと入試の緊張下でも長文でフリーズすることなく解けるようになると思います。

全部で60題も長文が載っているので、量も充実していると言えます。

また、特に英文和訳に関しては、

駿台文庫『英文和訳演習シリーズ』がおすすめです。

この参考書では、英文和訳に特化しており、しかもただ文を和訳するだけではなく、文章の中の傍線部を、文章の流れを汲みながら和訳するというもので、長文問題における英文和訳の対策に非常に有用です。

難易度によって入門編、基礎編、中級編、上級編に分かれますが、名古屋大学の英語は比較的標準レベルなので、中級編をおすすめします。

英語を得点源にしたい方は上級編にも手を出してみると良いでしょう。

更に、英作文に関しては、竹岡先生の『ドラゴンイングリッシュ 基本英文100を使うと良いでしょう。

この参考書には基本的な例文が100個載っています。

これらを全て覚えることで、英作文の書きやすさが格段にアップするでしょう。

また、例文だけでなく、英作文で有用な様々な英語表現の解説なども充実しています。

名古屋大学医学部対策のおすすめ参考書:数学編

名古屋大学の数学では、非常に難易度の高い問題が出題される傾向にあります。

そのため、まずは基礎〜標準レベルの部分での穴を無くすような勉強をし、その後応用レベルの問題に時間をかけて取り組むようなやり方が良いでしょう。

まず、基礎〜標準レベルの問題集でおすすめなものは、『やさしい理系数学』です。

題名に「やさしい」とあるものの、それなりに難しいことで有名なこの参考書。

標準〜やや難レベルの問題がたくさん載っており、難関大対策にもってこいです。

また、更に難しい問題については、『やさしい理系数学』の応用編である『ハイレベル理系数学』がおすすめです。

非常に高い難易度の問題がたくさん載っており、名古屋大学のように数学が特に難しい大学の対策としてとても活躍するでしょう。

名古屋大学医学部対策のおすすめ参考書:理科編

物理

名古屋大学の物理では、標準的な問題を中心に、主に力学、電磁気、波動、熱力学から出題されます。

そこでおすすめなのが、この『重要問題集』です。

各分野について、標準的な問題がたくさん載っています。

これを繰り返し解くことで、大抵の標準的な問題を解きこなすことができるようになるでしょう。

また、これよりも難易度の高い問題を解きたい場合、この『名問の森』シリーズがおすすめです。

主に標準〜やや難レベルの問題が載っており、これが完璧に解けるようになればもう物理で困ることはないでしょう。

化学

化学でも、物理と同様、標準的な問題が出題されます。

そこで物理と同様、『重要問題集』をおすすめします。

これも基礎〜標準的な内容の問題がたくさん載っています。

分からない問題が無くなるまで何度も繰り返し解くと良いでしょう。

また、参考書としておすすめなのが、こちらの『化学の新研究』です。

読み物として空き時間に読むだけで化学についての理解を深めることができます。

各分野についてとても詳しく書かれているので、名古屋大学の受験に限らず大学受験全般に有用で、非常におすすめです。

生物

生物おすすめなのが、この『標準問題集精講』

です。

各単元について難関大の過去問から厳選された良問がたくさん載っています。

解説も非常に詳しく、論述対策としても有用でしょう。

名古屋大学医学部対策のおすすめ参考書:国語編

国語は、まずはセンター対策や二次試験の過去問をしっかり行うことが大切です。

その上で取り組む問題集としておすすめなのは、

現代文ならこの『出口の現代文レベル別問題集』です。

出口先生による現代文の解法のシステム化が特徴です。

レベル3(標準編)〜レベル4(中級編)を使用すると良いでしょう。

古文、漢文に関しては、この『入試精選問題集』がおすすめです。

難易度がやや高くなっており、十分に記述問題対策を行うことができます。

解説もとても詳しいです。

関連記事

コラム

浪人生の節約のコツ

「浪人するけど予備校代が払えない…」 「浪人中はバイトができないので節約しないとヤバイ…」 あなたは今、こんな […]

合格武田

Category

Keywords